今回ご紹介するのは「(仮称)聖蹟桜ヶ丘プロジェクト A敷地」です!

[建築概要]

用途:共同住宅
所在地:多摩市関戸一丁目

敷地面積:8.556㎡

総戸数:520戸
階数:33階建て
高さ:112.24m

建築主:東京建物 東栄住宅
施工者:三井住友建設

予定工期:2020年2月上旬~2022年2月下旬

地図はこちらです↓

多摩市内で一番背の高い建物となるタワーマンションが建設される予定です。

現在一番背の高い建物は多摩センター駅近くにあるベネッセコーポレーション東京ビルで高さ約111mですが今回は112mと若干ですが抜きそうです。

建設地は聖蹟桜ヶ丘駅の北側で多摩川沿いとなります。東西に長い敷地でどこがA敷地なのかは不明ですが建築看板の位置的におそらくですが京王線の線路側と思われます。

33階建てで520戸となれば単純計算で1フロア辺り16戸を超えてきますからけっこうな大きさとなるでしょう。エリア的にコンパクトが多いとも思えないですから余計に。

33階建て前後で総戸数500戸超のタワマンって珍しいですよね。形状がタワマンっぽくない感じになるのでしょうか。

販売中で近しいタワマンだとミッドタワーグランドが32階建ての532戸ですが板状が縦に伸びたような感じなので似たような形状になりそうですね。

敷地の南側ではあいおいニッセイ同和損保桜ヶ丘事務センターの建て替え工事がおこなわれており完成すると17階建てで高さ約82mとなりますからA敷地が京王線の線路横であった場合には単純計算で27階くらいまで被ってしまうのが気になります。東方向は線路を挟んで戸建て街区ですし、北側も多摩川を挟んでその先が戸建て街区ですから南向きよりも東・北方向のほうが眺望面での抜け感には期待ができます。どのような住戸配置にしてくるのか注目です。

南側の接道はせいせき立体駐車場の出入り口となっており週末は渋滞が激しくなるのですが道も合わせて整備されるのでしょうか。車線を増やさないと渋滞に巻き込まれてしまいます。(住宅の駐車場出入り口をどこに設けるかにもよりますが)

周辺相場を確認しましょう!

・シーズスクエア聖蹟桜ヶ丘 2006年築 一ノ宮3 新築時の坪単価約190万円 現在の坪単価約200万円

・ファインレジデンス聖蹟桜ヶ丘 2013年築 関戸2 新築時の坪単価約190万円 現在の坪単価約200万円

上記相場から(仮称)聖蹟桜ヶ丘プロジェクト A敷地の価格を予想すると

坪単価260万円 70㎡換算・・・約5500万円

となります。

細かい情報がわからずの中ですが駅前でないことを考慮すると八王子駅直結のシティタワー八王子フレシアみたく坪単価約290万円、府中駅徒歩2分のプラウドタワー府中寿町みたく坪単価約300万円というのは難しいと思いますがどうでしょうか。

京王ライナー含めたすべての種別が停車するとはいえ京王線しか使えない単駅ですからタワマンにしては現実的な価格になるような気もしますがどうなるか。

聖蹟桜ヶ丘駅からデッキ直結で徒歩2分の聖蹟桜ヶ丘ビュータワー(UR・1999年築)の家賃が㎡あたり2300円前後ですから坪単価260万円くらいの価格設定なら違和感ないでしょう。

詳細発表を楽しみに待ちたいと思います!!

建設地周辺動画①
建設地周辺動画②(せいせき立体駐車場から撮影)

【住むレーション】

[京王線]

聖蹟桜ヶ丘 8:01発
分倍河原 8:04着
府中 8:06着
東府中 8:09着
調布 8:15着
つつじヶ丘 8:19着
千歳烏山 8:23着
桜上水 8:30着
明大前 8:34着
笹塚 8:38着
新宿 8:46着

聖蹟桜ヶ丘 8:09発
高幡不動 8:12着
北野 8:19着
京王八王子 8:22着

多摩市の新築マンション検索はコチラ


LIFULL HOME’Sのご紹介(スポンサー)

マンションマニアの住まいカウンター 海浜幕張店 日本橋店

マンションマニアにメールで相談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です