今回ご紹介するのはプラウド浦和常盤テラスです!

[物件概要]

売主:野村不動産
施工:大末建設
価格:未定
専有面積:67.86㎡~75.75㎡
総戸数:66戸 (※非分譲住戸7戸含む)
規模:12階建て
交通:京浜東北線・宇都宮線・高崎線・湘南新宿ライン 「浦和」駅 徒歩8分 (JR「浦和」駅北口徒歩7分(利用時間7:00~24:15、ICカード専用))
所在地:埼玉県さいたま市浦和区常盤一丁目
竣工予定:2019年1月下旬

地図はこちらです↓

画像出典:プラウド浦和常盤テラス公式HP

※マンションマニアへの購入相談で比較検討の多い「プラウド浦和常盤テラス」「シティハウス浦和パークフロント」「ザ・パークハウス南浦和フロント」の3物件について同時に記事を公開いたしました。

建設地西側より撮影

予定価格と間取りの一部を共有いたします!

[南南東向き]

Aタイプ 70.99㎡
3階 5600万円台 坪単価260万円
5階 5800万円台 坪単価270万円
8階 5900万円台 坪単価274万円
10階 6000万円台 坪単価279万円

Cタイプ 70.08㎡
3階 5200万円台 坪単価245万円
5階 5400万円台 坪単価254万円
8階 5500万円台 坪単価259万円
10階 5600万円台 坪単価264万円

Eタイプ 67.86㎡
3階 4700万円台 坪単価228万円
5階 5000万円台 坪単価243万円
8階 5400万円台 坪単価263万円
10階 5400万円台 坪単価263万円

Fタイプ 70.15㎡

画像出典:プラウド浦和常盤テラス公式HP

3階 4900万円台 坪単価230万円
5階 5200万円台 坪単価245万円
8階 5700万円台 坪単価268万円

維持費は未定でしたが管理費と修繕積立金合わせて70㎡換算月額25000円ほどを見込んでいるとのことです。

周辺相場を確認しましょう!

・ライフステージ浦和常盤公園 1997年築 常盤1丁目 新築時の坪単価約210万円 現在の坪単価約170万円

・クラスタ浦和常盤町 2004年築 常盤1丁目 新築時の坪単価約180万円 現在の坪単価約185万円

・ミオカステーロ浦和常盤 2008年築 常盤1丁目 新築時の坪単価約200万円 現在の坪単価約185万円

・ポレスター浦和常盤 2012年築 常盤1丁目 新築時の坪単価約185万円 現在の坪単価約210万円

上記相場からプラウド浦和常盤テラスの将来価値を予想すると

Cタイプ 70.08㎡ 5階 5400万円台(新築時) → 4400万円(築10年時)

となります。

あくまで今の相場での予想のため参考までにお願いいたします。

【住むレーション】

[上野東京ライン]

浦和 8:01発
上野 8:22着
東京 8:29着
新橋 8:33着
品川 8:39着

[湘南新宿ライン]

浦和 8:04発
池袋 8:27着
新宿 8:33着
渋谷 8:40着

【通学区】

・仲町小学校
・常盤中学校

【総評】

プラウド浦和常盤カトラージュプラウド浦和常盤サンクアージュに続く第三弾的な存在となるプラウド浦和常盤テラスですが過去の2物件に比べて駅距離が一番近く立地的には優れているのですがそれ以外は過去2物件よりも劣る部分が多くなります。

カトラージュは駅距離があったためこれでもかというくらいのワイドスパンとしたり、サンクアージュも玄関前にめちゃ広いアルコーブを設けたりしていたのですがプラウド浦和常盤テラスはいたって普通です。

最上階住戸に関してはワイドスパン&ルーフバルコニーと特徴的なお部屋となりますがその他はこれといった注目点がありません。過去の2物件で頑張っていただけになんらかしら取り組んで欲しかったのですが地権者がいたということもあるのかシンプルに攻めてきました。サンクアージュにはディスポーザーがあったのですが今回はなし。構造面では過去の2物件と同じく直床です。

今回のプラウド浦和常盤テラスをもってプラウド村の発展も一旦はおやすみ。今現在後続物件はないとのことです。

線路沿いではありますが二重窓としています。驚いたのは西側の線路から離れるお部屋も二重窓としていること。これは素晴らしいですね。

また新しい販売方法としてモデルルームがありません。コンセプトルームとしてサンクアージュのモデルルームが確認できますが玄関前などのゆとりが違すぎる・・・。説明があるとはいえねぇ~。

廊下側のお部屋も柱が食い込んでいるし・・・。

なんだかケチばっかり付けるのは好きではないのですが過去2物件気合い入れてきたのに・・・と。でも過去2物件より立地が良いことはたしか。一概には言えませんが駅から離れるほど建物に力を入れて勝負する一方で駅から近いと立地で勝負できるので建物にはそこまで力を入れないと。

とはいえ過去2物件を記憶から消せば(基本的にプラウド浦和常盤テラス検討者は過去2物件を知らないわけでこれが正解)とても魅力あるマンションです。

駅から信号なしの一直線、浦和駅徒歩7分、常盤アドレス。坪単価は最上階を入れても270万円ほどとなりそうですし浦和駅徒歩7分のプラウドでこの単価なら割高感もほとんどないでしょう。

事業協力者住戸が最上階に1部屋もないため最上階住戸を豪華にして分譲住戸とできている点もいいですね。

関連記事

ザ・パークハウス南浦和フロント 予定価格と間取り 南浦和駅№1マンション誕生へ

シティハウス浦和パークフロント 予定価格と間取り 後ろの地所さんどうするの?

プラウド浦和常盤テラスの物件詳細はコチラ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です