突然ですが初恋の人と結婚された読者様はいらっしゃいますでしょうか?

私の周りにはいないですね~。そもそも初恋って人によっては小学校入学前だったりしますし初恋の人と結婚って難しいですよね。私自身の初恋相手は同級生で、小学校3年生頃だったと記憶しており、告白することなく終わりました。顔本で検索してみると・・・パねぇギャルになってました(笑)

一緒に映っている彼氏(旦那さん?)と思わしき男性もパねぇチャラ男で写真を見た限りとても幸せな生活を送っているようで何よりでございます!

私はどちらかというとおとなしい子が好きですが、ギャルが見せるギャップには萌えますね。超勉強できたり、純粋な性格だったり・・・ちなみに今現在放送中のアニメ「はじめてのギャル」にハマっております。ギャルと非リア少年が付き合ってしまうというストーリーで・・・おすすめのアニメです!

余談が長すぎ&マンションとあまり関係ない話で大変失礼いたしました。ここからは真面目にモデルルームのレポートをいたします!

前回モデルルーム訪問記事を公開したプラウドシティ越中島ですが日本で初めてマイクロソフトのホロレンズを活用した案内をしているモデルルームということでメディアなどにも取り上げられ話題になっています。

今回は私と越中島エリアが地元のOLさん2人で訪問、営業さんに案内していただきました!

※掲載の写真は許可をいただき、他のお客様が写りこまないことを前提に撮影しております

いざマンションギャラリー内へ!小学生のときに家族でモデルルームを訪問して以来とのことでちょっと緊張気味のOLさん。

しかしながら数ある不動産会社の中でも野村不動産はごり押しの接客などもなく安心して訪問することができますよ!

商談席で物件についての説明を聞いてからシアターへ!

シアターの内容としては東京駅まで近いマンションを探している二人がコンピューターによってプラウドシティ越中島を紹介されて・・・という流れです。

奥さん役の方が越中島のことを「こしなかじま」だか「こえなかじま」とわざと読み間違えるシーンがあるのですがケンドーコバヤシさんがする越中誌郎さんのモノマネを思い出して大笑いしてしまいました。「やってやるって!!」

シアターの最初の方はザ・ガーデンズ東京王子のプロモーションビデオを見ているかのように夫婦が希望している内容が一致していました。東京駅に近くて、駅近で・・・!

シアターの後は建物模型へ!!

大規模マンションだけあり迫力がありますね~。近隣の建物もアクリルケースで再現されていることが多いので住戸選びの参考になります!

最近ではVRを駆使した案内をする物件も増えています。プラウドシティ越中島においてもVRを付けると実際にメインエントランスなどを歩いているかのような体験ができるため実際に竣工した大規模マンションなどを訪れたことがない方にはより楽しめることでしょう。

「日本郵便!!」認定のPostakuが設置されます。最近は建物や室内設備などが進化しきってしまった感がある中で宅配ボックスなどの付加価値に力を入れる物件が多くなっていますね!

階段の途中には面白いパネルが!!

「初恋の人と結婚する確率は約1%」

冒頭でお話した内容の元ネタです!プラウドシティ越中島のモデルルーム見学の際はパネルにも注目です!

プラウドシティ越中島のモデルルームはリビ充を意識したものとなっており、リビングに机を設け、その代わり子供部屋にはほぼベッドだけという家具配置になっています。

最近はリビ充を提案するモデルルームが増えてきており、私自身もリビ充推奨派ではあるのですが、本音を言うとリビ充+αで、隠れ家的な個室が欲しいなぁ~と。納戸くらいの狭さでもいいので、家族全員が使える「ちょっと一人になりたいときスペース」みたいなのがあると理想的です!いくら家族でもたまには一人の時間が欲しくなりますからね。。

でも大丈夫!!(またまた吉高由里子さん風に)

プラウドシティ越中島には多彩な共用施設があり、その中にプライベートワークラウンジがあるのです!!ちょっと家族とは離れて読書したいなぁ~という気分になったら共用施設に行けばよいのです!

もちろん間取りによってはリビ充&隠れ家もつくれるのですが最近の新築マンションは坪単価が上がってきており4人家族でも80㎡未満を購入する方もいるくらいですからリビ充を致し方なく・・・という声も聞こえますね。

バルコニーに出て外の景色を眺めたり、背筋を伸ばしてリラックスしたり・・・私も1日1回はバルコニーに出て外の景色を眺めたりしています。

眺望が良いお部屋はマンション内でも当然価格が高いわけですが、仮に眺望が悪いお部屋が6000万円、同じ間取りで眺望が良いお部屋が7000万円だった場合は毎月の支払が約3万円違うわけで、1日にすると約1000円。その1000円に価値を感じるか感じないかで部屋選びをすると決めやすくなります。某マンションブロガーさんの言葉を借りると「1日1回観覧車に乗るのと同じ」ということです(笑)

洗面室の天板も御影石(セレクトによって変わります)となっており高級感があります!洗面台で私がいつも確認するところは三面鏡の中にコンセント、ドライヤーフック、アルミメッシュトレイがあるかどうかです。これがあるとないとでは住んでからの満足度が大きく変わってくるでしょう。この部分をコストカットしているマンションはちょいと残念に思ってしまいます。プラウドシティ越中島は付いていました!!

モデルルーム訪問の際はとにかくすべてを試すのが一番です!浴槽にも入ってしまいましょう!

セレクトによっては浴槽の自動洗浄機能が標準で付いてきます!!私も次回購入の際はオプションだったとしても追加したい機能です!

リビングのソファにも座って実際の生活の一部を体感しましょう!

プラウドシティ越中島のモデルルームはテレビも冷蔵庫も設置されているので実際の生活が想像しやすくていいですね!

キッチンにも立って室内を眺めてみましょう!吊戸棚がないので開放感がありますが、収納が減ってしまうのは事実なのでどちらを取るか・・・これは難しいですね。

さて!今回の目玉「マイクロソフト ホロレンズ」です!

現地でホロレンズを装着して建物方向を眺めると建物の外観が映し出されます。それによって「このお部屋は眺望が抜けそうだね」「前に建物はあるけど距離があるから気にならなそうだね」などよりお部屋決めがしやすくなります。

【総評】

マンションギャラリーでの見せ方は新しい取り組みがなされており面白かったですね。マイクロソフトのホロレンズなどの費用もかかっているのですが規模の割にはモデルルームを1部屋のみとしているため特別価格に上乗せされているという心配はないでしょう。見せ方自体はとても面白く楽しめますから「越中島ってどこよ?」という方も一度見学してほしいマンションです。

最後に物件自体についての総評です。

交通利便性が良いことはたしかで、このご時世としては目に優しい価格帯なのでそこは良いのですが、やはり建物グレードはそこそこ落としてきていますね。間取りも単調ですし建物自体がどうこうというよりかは東京駅へ直通4分の駅から近くて坪単価約300万円というコスパ優先といったところでしょうか。

個人的にはハイグレードプラウドが好きなので建物自体に高評価をすることは難しいですが、全体としてみると利便性が良くコスパが良いなぁ~という印象です。

新築マンションというカテゴリで近隣と比較するとプラウドシティ越中島は価格、規模感など目立つ存在ですね。新築マンションにこだわるならば前回の記事でも書いたようにおすすめできるマンションです。

ただし、江東区エリアを選ぶ方は郊外エリアよりも資産性に目を向ける方が多いと感じており、周辺相場よりあきらかに高い新築という満足度に支払うお金、いわゆる「新築プレミアム」をいかに許容できるかですね。しかしながら立地が良いため底が固いのは安心でしょう。ルネ・ベイグランデが築20年にして坪単価約200万円で動いていることを考えればプラウドシティ越中島が中古市場で坪単価200万円を切るのはそこそこ遠い将来となるわけです。

新築という満足度も得つつ、東京駅に出やすい場所を求める方にはとてもコスパが良く狙い目のマンションと言えるのではないでしょうか。

前回の記事→プラウドシティ越中島 予定価格と間取り モデルルーム訪問 その①

更新記事→プラウドシティ越中島 価格と間取り モデルルーム訪問 その②

プラウドシティ越中島の物件詳細はコチラ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です