前回の記事において打瀬エリアの方々に情報を募ったところ複数の方からご連絡をいただきました。本当にありがとうございます!!

2017年4月、周辺住民向けに開催された説明会の内容を一部共有いたします!

前回の記事において追記しましたが学区は打瀬小学校、打瀬中学校を予定しています。

まずは幕張ベイタワーズが開発されることによりどれだけ児童生徒が発生するのかについてです。

入居が開始されてそこから子供が生まれて・・などを考慮していくと平成38年あたりから小学生が1000人近くになりますね。

次に打瀬エリアの児童数と合わせたものです。

思いのほかパンクしないのは打瀬エリアだけで見たときに、平成29年には540人いる児童数も平成34年には284人になる予定となっているからです。打瀬エリアの新規開発は基本的にはありませんから今後は児童数が減っていくだけで、そこに若葉地区の児童数を合わせてもキャパオーバーにはならないという予定です。

次に幕張ベイタワーズの供給計画についてです。

売主の計画としてはB-7街区→B-2街区→B-3街区と好条件の街区から供給していき、供給計画の折り返し地点ではB-1街区(現zozoパーク)の一等地を出してくるようです。ただし計画段階では板状型のようです。

打瀬エリアを合わせた全体図です。

幕張ベイタワーズの全体図です。

商業施設を若葉3丁目公園の周辺に配置しているのが魅力的ですね!

街並みイメージです。

B-7街区(1棟目)の平面図です。

B-7街区 1階平面図

B-7街区 2階平面図

B-7街区 3階~37階平面図

最後に全体概要です。

【経緯】

2015年3月 事業者より千葉県企業庁(当時)へ入札提案
2015年7月 土地譲渡契約集結
2016年11月 第1期(B-7街区)着工

【事業概要】

①所在:千葉県千葉市美浜区若葉三丁目
②全体敷地面積:17万5.809㎡(全8区画)
③事業者:三井不動産レジデンシャル(株) 野村不動産(株) 三菱地所レジデンス(株) 伊藤忠都市開発(株) 東方地所(株) 富士見地所(株) 袖ヶ浦工業(株)
④住宅:約4500戸(サービス付き高齢者向け住宅含む) ※居住想定人口:約1万人
⑤その他:地区内一部に低層店舗を配置

【事業期間】

約15年 ※第1期(B-7街区)は2017年11月下旬販売開始、2019年4月竣工予定

事業期間が約15年ということは順調に進んでも全戸引渡し完了は2032年頃、売れ行き次第ではもう少しかかるでしょうか。2032年だとしてもけっこう先ですね。まさに夢のあるプロジェクトです!!

ちなみに2032年となると私は47歳!!その頃何をしているのでしょうか。今と同じでマンションについて語っている仕事をできてたら最高です!少なくともあと15年は大規模供給があるということで安心しました(笑)

今後も同エリアについて語っていきたいと思いますので周辺住民の皆様、検討者の皆様と情報を共有していければ幸いです!

幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンスの物件詳細はコチラ

資料請求・見学予約はスポンサーのLIFULL HOME’Sでお願いします!

資料を取り寄せて検討したい!

詳しいパンフレットがお手元に届くので、まずは資料を請求してみよう。

資料をもらう(無料)

Powerd by LIFULL HOME’S


新築マンションの資料請求はこちらから!

マンションマニアの住まいカウンター 海浜幕張店 日本橋店 豊洲店 月島店 大阪店

マンションマニアにメールで相談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です