今回ご紹介するのはリリーゼ光が丘レジデンスです!

[物件概要]

売主:TNKレジデンス
施工:田中建設
予定価格:4390万円~6290万円
専有面積:54.23㎡~81.66㎡
総戸数:22戸
規模:8階建て
交通:都営大江戸線「光が丘」駅徒歩9分
所在地:東京都練馬区春日町6丁目
竣工予定:2019年5月下旬

管理費:10800円~16300円(月額)
修繕積立金:5500円~8200円(月額)

駐車場:平置き2台 月額17000円
駐輪場:22台 月額200円・400円
バイク置き場:2台 月額2500円

地図はこちらです↓

画像出典:リリーゼ光が丘レジデンス公式HP

売主はTNKレジデンス。田中建設からリリーゼ事業を引き継ぎ2018年1月にマンションデベロッパーとして本格始動しました。

リリーゼ光が丘、リリーゼ光が丘アベニューに続く第三弾的存在となるわけですがこれまでは土支田方面であったため新駅ができるまでは駅距離がある立地条件でしたが今回は光が丘駅徒歩9分と駅徒歩10分圏内となります。

光が丘駅徒歩10分圏内で分譲マンションとなれば地元の方にかなり注目されることになるでしょう。

プラウド練馬光が丘公園の記事でも触れましたがとにかく分譲マンションがなかなか供給されないエリアです。1棟ごとの戸数も少ないため物件数は合っても供給戸数としては少なめです。

リリーゼ光が丘レジデンスが位置するのは春日町6丁目となり、以前おすすめマンションとしてご紹介してサクサクっと完売したプラウド練馬春日町サンクアージュと同じアドレスです。ただリリーゼ光が丘レジデンスは光が丘駅に寄っているため光が丘駅を日常使いすることができる距離感です。練馬春日町駅までは徒歩15分かからないくらいですから朝は着席できる光が丘駅を、帰宅時には手前の練馬春日町駅で下車して歩くのも良いでしょう。

春日町6丁目アドレスのため通学指定校は徒歩7分の練馬小学校、徒歩12分の練馬中学校です。

光が丘駅周辺は遊歩道が整備されています

予定価格と間取りの一部を共有いたします!

[西・南角住戸]

Aタイプ 3LDK 68.94㎡

画像出典:リリーゼ光が丘レジデンス公式HP

2階 5190万円 坪単価248万円
4階 5390万円 坪単価258万円
7階 5590万円 坪単価268万円

Dタイプ 3LDK 81.66㎡
8階 6290万円 坪単価244万円

[南向き]

Bタイプ 2LDK 54.23㎡

画像出典:リリーゼ光が丘レジデンス公式HP

2階 4390万円 坪単価267万円
4階 4490万円 坪単価273万円
6階 4570万円 坪単価278万円

[南・東角住戸]

Cタイプ 3LDK 71.54㎡
1階 5190万円 坪単価239万円
5階 5690万円 坪単価262万円
7階 5790万円 坪単価267万円

周辺相場を確認しましょう!

・コスモ光が丘公園 1996年築 光が丘駅徒歩5分 田柄5 新築時の坪単価約230万円 現在の坪単価約175万円

・パークハイツ光が丘 1997年築 光が丘駅徒歩8分 田柄5 新築時の坪単価約215万円 現在の坪単価約160万円

・ライオンズヴィアーレ 1997年築 練馬春日町駅徒歩8分 春日町6 新築時の坪単価約250万円 直近事例なし

Dクラディア光が丘レジデンス 2007年築 光が丘駅徒歩8分 田柄6 新築時の坪単価約215万円 直近事例なし

ダイアパレス光が丘 2008年築 光が丘駅徒歩6分 田柄5 新築時の坪単価約280万円 現在の坪単価約235万円

・プラウド練馬春日町サンクアージュ 2016年築 練馬春日町駅徒歩7分 春日町6 新築時の坪単価約285万円 直近事例なし

上記相場からリリーゼ光が丘レジデンスの将来価値を予想すると

Aタイプ 3LDK 68.94㎡ 4階 5390万円(新築時) → 4600万円(築10年時)

となります。

あくまで今の相場での予想のため参考までにお願いいたします。

リリーゼブランドとしてはリリーゼ門前仲町以来の見学となりましたが変わらず仕様は高いですね。

ディスポーザーはありませんが食器棚、食洗機、キッチン天板は高級人造大理石「コーリアン」、オール浄水システム良水工房、そして天然木オーク材の突板フローリング!!

構造面では二重床・二重天井、床スラブ厚は約200mm、そして・・・耐震等級2です!!

バルコニー隣戸境もコンクリート&下部隔て板となっています。

いやはや素晴らしい。さすがリリーゼブランド。

光が丘はもともと地盤が良いエリアではあるのですがそこに耐震等級2(ほとんどのマンションが耐震等級1です)というのはより安心感がありますね。近くにあるダイアパレス光が丘も耐震等級2を採用、さらにはスケルトン・インフィルを採用していました。当時のダイア建設はかなり力の入った物件が多かったのですがなかなか評価されなかったですね。3.11前だったこともありますし、今よりリノベが流行っていなかったですから余計に。。。

耐震等級2だから価格維持率が高くなるというわけではないのですが城として購入するには耐震等級2や制震、免震など地震への対策がなされていると安心ですよね。

外観はリリーゼ光が丘のときと同じ設計者に依頼しており通り沿い、4面接道と人目に付きやすい立地だからこそ背中側、エントランス周りにも力を入れて一目で分譲マンションとわかる建築美となっています。

画像出典:リリーゼ光が丘レジデンス公式HP

【住むレーション】

[大江戸線]

光が丘 8:00発
都庁前 8:23着
新宿 8:25着
六本木 8:35着

都庁前 8:27発
飯田橋 8:40着

大江戸線の始発駅ですから座っての通勤通学が可能です。

車庫を含めてすべて地下を走っていますから運転見合わせが少ないことでも有名な路線で、3.11の際も動いていたくらいです。(自衛隊を都内へ運ぶ役割も担う必要があるため災害には強い路線となっています)

ただし車両が小さいので車内は少々圧迫感があります。

プラウド練馬光が丘公園と比較検討するにはもってこいな物件が出てきましたね。日常使いする駅が違いますから成増駅を最寄りとして光が丘公園の目の前に住むのか、光が丘駅を最寄りとして光が丘エリアに住むのか。ぜひこの2物件は比較検討していただきたいと思います。

物件自体とはそれほど関係ないのですが広告で残念な部分がありました。

新築マンションではよく使われるピラミッド、こちらは基本的に自分たちのマンションを都合よく見せるようにできているのですが今回はちょいとつっこませてください。

画像出典:リリーゼ光が丘レジデンス公式HP

上記画像はいかに耐震等級2が希少であるかをアピールするピラミッドですが2010年までしか遡っていないのがちょいとずるいなぁ~と。2007年くらいまで遡ればDクラディア光が丘レジデンスもダイアパレス光が丘も入ってきてしまいなんだか希少性がないように見えてしまうからあえて2010年で切っている。ん~これにはなんだか残念。

あえてこのブログ記事でお伝えしておくとリリーゼ光が丘レジデンスのすぐ近くにあるDクラディア光が丘レジデンスとダイアパレス光が丘も耐震等級2です!

人様の考えた広告にちゃちゃいれてごめんなさい。私の好きなマンションがピラミッドに入っていないのでつっこませてもらっただけです(笑)

関連記事

リリーゼ門前仲町 予定価格と間取り モデルルーム訪問

プラウド練馬光が丘公園 予定価格と間取り モデルルーム訪問

プラウド練馬春日町サンクアージュ モデルルーム訪問(過去に運営していたブログに飛びます)

モデルルーム訪問 その196 パークホームズ光が丘ブライトアベニュー 予定価格と間取り(過去に運営していたブログに飛びます)

モデルルーム訪問 その137 ライオンズ光が丘グランフォート 価格表あり おすすめマンションです!!(過去に運営していたブログに飛びます)

モデルルーム訪問 その132 リリーゼ光が丘 耐震等級2で安心のマンションです(過去に運営していたブログに飛びます)

光が丘駅の新築マンション検索はコチラ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です