西武所沢車両工場跡地周辺の再開発が動き出す時期が近づいてきました!!2000年に車両工場が閉鎖されてから17年・・・長かったですが・・・ついに動き出すはずです!!

【所沢駅西口北街区第一種市街地再開発事業】

開発事業区域の地番:所沢市日吉町

開発事業区域の面積:4012㎡
建築面積:2370㎡
延べ面積:38560㎡
高さ:99m
階数:地上29階地下2階
住戸数:約311戸

主要用途:住宅、業務、商業施設、駐車場等

開発事業者:所沢駅西口北街区市街地再開発組合
施工者:未定

工事期間:平成29年8月1日~平成32年10月31日

所沢駅西口の西武所沢店の裏手側、もともとは西武鉄道の車両工場があった膨大な土地の一部分と周辺が今回の対象地域となります。あくまで一部分ではありますがようやくスタートすることになりますね。今回はタワーマンション+商業施設等ということで変わっていなければ参加組合員は住友不動産と住友商事となります。そのためシティタワー所沢になるのではと予想しておきます。

私は以前から所沢を狙い目エリアとして推奨していますが、相場が上がってきてしまっています。

新築マンションとして超絶おススメしていたザ・パークハウス所沢日吉町が坪単価210万円程度だったのに対して同マンションより立地面でやや劣るインプレスト所沢が坪単価210万円程度とほとんど同じ価格帯で供給されています。

向かって右側が建設中のインプレスト所沢

それでも今後の開発を考えればまだまだ買いのエリアと言えるでしょう。

2011年にブログを開設してから推してきた郊外エリアの一例としては「大宮」「武蔵浦和」「さいたま新都心」「所沢」「新川崎」「千葉」「柏の葉キャンパス」などですが「いい街だなぁ~」「住みたいなぁ~」と思う人が増え始めている頃にはすでに相場が上がっています。「えっ?○○?」と笑われるくらいの時期に購入した人が儲かるというのは定説ですね。儲けるためだけに住まいを買うことをおすすめするわけではありませんが、買える状況にあるなら購入したほうがいいですよね!

今後開発が進むエリアで購入すれば、値上がらなかったとしても街が便利になることはたしかなわけですからプラス材料ばかりです。マイナス材料としてはしばらく周辺の工事に悩まされることでしょうか。

所沢駅周辺に関しては東口の開発、西口の開発と楽しみな材料ばかりです。所沢は西武鉄道のお膝元ですから今後も開発に力を入れていくことでしょう。

株などは好材料が出ればすぐに値上がりますし、マンションに関しても都心などでは好材料が出ると相場がグッと上がるのですが郊外エリアではなぜだかそれがない。これってものすごいことですよね。街が進化していくことがわかっているのにそれが完成間近にならないと価格に反映されないのですからハズレのない宝くじを買うようなものです。

例えば私が以前住んだ武蔵浦和では当時住んだことを周りに話しても「えっ?武蔵浦和・・」くらいの反応でしたが今では人気の街となり物件にもよりますが1割程度は値上がりしています。都心のように2割、3割上がるというのは難しいですが郊外で1割上がるってのはすごいことです。ましてや値上がり前に購入した方はローン残債も減っているわけですから。

購入エリアに縛られない方で、できるだけ物件価格を抑えたい方は所沢、柏の葉キャンパス、千葉、海老名などの「郊外で物件価格も抑え目だけど今後伸びる街」を候補にしてみてはいかがでしょうか。

~2017年11月20日追記~

公式HPがオープンしました!

(仮称)所沢駅前 直結タワー計画

[物件概要]

売主:住友不動産 住友商事
施工:前田・西武建設共同企業体
価格:未定
専有面積:54.21㎡~81.18㎡
総戸数:311戸(非分譲住戸35戸、その他住戸15戸含む) 
規模:地上29階地下2階て
交通:西武池袋線・西武新宿線「所沢」駅徒歩3分
所在地:埼玉県所沢市 所沢都市計画事業所沢駅西口土地区画整理事業施行地区内1街区(仮換地番号) 
竣工予定:平成33年1月下旬

駐車場:125台(その他他店舗用有り) 
自転車置場:468台(その他店舗用有り) 
バイク置場:16台(その他店舗用有り) 

地図はこちらです↓

画像出典:(仮称)所沢駅前 直結タワー計画公式HP


新築マンションの資料請求はこちら!

マンションマニアへ相談できます!

マンションマニアがプロデュースした売却相談サービス

マンションカウンター公式HP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です