今回ご紹介するのはザ・パークハウス渋谷笹塚です!

[物件概要]

売主:三菱地所レジデンス
施工:東亜建設工業
価格:未定
専有面積:38.79m2~95.00m2
総戸数:71戸
規模:13階
交通:京王線・京王新線「笹塚」駅(京王クラウン出入口:通行時間7:00~22:30)徒歩9分 (同駅北口徒歩10分)
所在地:東京都渋谷区幡ヶ谷3丁目
竣工予定:2018年6月上旬

駐車場:10台(機械式9台、内身障者用1台) 月額:25000円~30000円(予定)
自転車置場:130台(2段ラック式) 月額:200円~500円(予定)
バイク置場:2台 月額:3000円(予定)
ミニバイク置場:6台 月額:2000円(予定)

地図はこちらです↓

画像出典:ザ・パークハウス渋谷笹塚公式HP

2015年には笹塚駅南口の再開発ビル「メルクマール京王笹塚」が完成、買い物施設も増えて笹塚駅周辺の魅力が高まりました。もともと笹塚、幡ヶ谷エリアは商店街が充実しており、今回ご紹介するザ・パークハウス渋谷笹塚も駅前の商店街が通り道となるため日常の買い物に困ることはないでしょう。もともとある昔ながらの買い物施設に加えて今どきの駅前商業ビルがオープンしたためより幅広い世代に選ばれる街となったのではないでしょうか。

商業施設の上にある賃貸マンション「メルクマール京王笹塚レジデンス」はそこそこな家賃設定となっており、記事作成時点での空き状況を確認すると45㎡台のお部屋が月額245000円で募集しています。

笹塚エリアは買い物利便性の高さだけではなく都心近接という交通利便性の良さもあります。電車に乗れば新宿まで4分という利便性に加えて最近人気の「始発駅」となっていますから市ヶ谷などの山手線内側エリアまで座って通勤することができます。また、物件の目の前にはバス停があり新宿、渋谷、中野方面(向かいのバス停)へ向かうバスが日中時でさえもひっきりなしに運行されていますからバス利用も便利な立地条件となっています。

笹塚駅からは完全フラットな道のりではないものの駅前のスーパーサミット、その先の商店街を抜けるルートのため帰宅ついでの買い物をしつつの徒歩9分となります。幡ヶ谷駅も徒歩圏内ですから気分を変えたいときは幡ヶ谷駅周辺の商店街で買い物をしつつ帰宅するもよし、もちろん休日に商店街巡りをするのも楽しみの一つになりそうです。

周辺で供給中の新築マンションを確認しましょう!

・ルジェンテ幡ヶ谷 幡ヶ谷駅徒歩8分 2016年築 坪単価345万円程度(記事更新時点では完売)

・イニシアクラウド渋谷笹塚 笹塚駅徒歩13分 2017年築 坪単価335万円程度

・シティハウス渋谷笹塚レジデンス 笹塚駅徒歩12分 2017年築 坪単価355万円程度

イニシアクラウド渋谷笹塚に関しては部屋の広さがありつつも落ち着いた住居エリアに位置するためザ・パークハウス渋谷笹塚とは性格が大きく違います。そのため競合としては同じく中野通り沿いのシティハウス渋谷笹塚レジデンスとなります。

今後の供給予定としてはザ・パークハウス渋谷笹塚の真横に新日鉄興和不動産が分譲マンションを建設しています。同売主で2015年に竣工したリビオ笹塚の真後ろとなります。通りからは一歩中へ入るためザ・パークハウス渋谷笹塚に比べると静かな環境となります。

ザ・パークハウス渋谷笹塚の予定価格と間取りの一部を共有いたします!

※100万円単位の予定価格です
※管理費などもすべて予定です

Aタイプ 38.79㎡ 西・北向き 管理費9590円(月額) 修繕積立金4270円(月額)

画像出典:ザ・パークハウス渋谷笹塚公式HP

7階 4300万円台 坪単価366万円

Cタイプ 55.48㎡ 南向き 管理費13710円(月額) 修繕積立金6110円(月額)

画像出典:ザ・パークハウス渋谷笹塚公式HP

2階 5500万円台 坪単価327万円

Iタイプ 73.62㎡ 南・西向き 管理費18190円(月額) 修繕積立金8100円(月額)

画像出典:ザ・パークハウス渋谷笹塚公式HP

7階 8200万円台 坪単価368万円

南向き住戸に関しては目の前に14階建てのマンション(おそらく投資家向けワンルーム)が建設されるため抜け感はありませんがそこを妥協できるならばお得感がありますね!

ディスポーザー、食洗機、食器棚!!、床暖房、複層ガラス、トイレ手洗いカウンター、浴室ダウンライト、二重床・二重天井と納得のいく設備、構造となっています。天井高は一部を除き2500mmを基本としていますが構造上下り天井が多くなっています。

建築費高騰で各社コストカットをしなければエンドユーザーの手が届く価格で供給できない状況の中で、この市況でもコストカットが一番少ない売主と感じるのが三菱地所レジデンスです。ザ・パークハウス渋谷笹塚に関してももっと仕様を落として価格を抑えたほうが売りやすいことはたしかなのですが、仕様は落とさずに多少高くなっても良い物を供給するというスタンスのようですね。

他の売主がどうとか、そもそも物件ごとに事情は違うので一概には言えないのですが三菱地所レジデンスはどこの物件でもコストカットを少なめにして、高いながらもそれに見合う良い物を供給しています。その違いは物件を多く見ている人であれば気がつくのですが、数件だとなかなか気がつけないポイントでもあります。

野村不動産のプラウドは高級イメージが強くて華やかなで、マンションにそこまで詳しくない人でも「高級マンション!!」という認識、住友不動産はエントランスなどに力を入れて現物を見ればわかる魅力がある中で三菱地所レジデンスはとてもわかりにくいのだけどもツウの人にしかわからないようなコストカットしても良い部分にも力を入れています。

例えば伝わりにくい部分ではあるのですが設計の部分で、エントランスの入り口までの導線を直線ではなく斜めにしたり、タイルの素材にこだわったりと「匠」的なことをしっかりとしている物件が多いですね。住友不動産のように一目見てわかるかっこよさではないものの、じっくり見るとニヤケてしまうようなこだわりを発見できるところがザ・パークハウスブランドの好きなところです。

画像出典:ザ・パークハウス渋谷笹塚公式HP

↑エントランス前の植栽計画、導線がかっこよすぎる!!

↓中に入ると正面がガラス張りで美しい植栽が目に入ってくる計画です!!

画像出典:ザ・パークハウス渋谷笹塚公式HP

【住むレーション】

[京王線]

笹塚 8:02発
新宿 8:08着

[京王新線→都営新宿線(直通)]

笹塚  8:00発
市ヶ谷 8:14着
神保町 8:18着

[京王バス]

笹塚こども図書館 8:04発
渋谷駅 8:35着

笹塚こども図書館 8:01発
新宿駅西口 8:21着

バス利用がくせになりそうなくらい本数が出ており、屋根付きの待合スペース(自転車置き場への入り口)を敷地内に設けるためより便利になります。

【総評】

笹塚エリアではいくつかの新築マンションが供給されていますが私はザ・パークハウス渋谷笹塚が一番の狙い目物件だと評価します。これは他がダメというわけではありませんがアドバイスする立場からすると資産性、利便性などを比較したときに現状では同マンションが一歩リードしているという評価です。

始発駅である笹塚駅から「徒歩10分圏内」、仕様に関しても「ディスポーザーなどを採用したグレード感」、三菱地所レジデンスの「ザ・パークハウスブランド」・・・通り沿いネックさえ気にならないのであればザ・パークハウス渋谷笹塚を選ぶと将来価値という面でも他の供給中物件に比べて強いだろうという評価です。

とはいえ坪単価350万円を超えてきますから都心近接を重視している方でもエリアを広げれば他にも選択肢はあります。まずは笹塚というエリアが気に入るかですから知らない方も一度モデルルームと街を訪問してみてはいかがでしょうか?現状では同エリア内で一番おすすめできる新築マンションです!

関連記事

クレヴィア調布国領RESIDENCE 予定価格と間取り モデルルーム訪問

パークコート代々木初台 予定価格と間取り 狙い目マンションです!

ザ・パークハウス渋谷笹塚の物件詳細はコチラ

~2017年11月13日追記~

販売価格:4148万円~8498万円
間取り:1LDK~3LDK
専有面積:38.79㎡~73.62㎡

管理費(月額):9590円~18190円
修繕積立金(月額):4270円~8100円

駐車場使用料:25000円~30000円(月額)
バイク置場使用料:3000円(月額)
ミニバイク置場使用料:2000円(月額)
自転車置場使用料:200円・500円(月額)


マンションマニアの住まいカウンター 海浜幕張店

マンションマニアにメールで相談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です