今回ご紹介するのはザ・パークハウス町田フロントです!

[物件概要] ※記事作成時点での販売概要(予定)

売主:三菱地所レジデンス
施工:埼玉建興
価格:未定
専有面積:56.46m2~70.82m2
総戸数:82戸
規模:地上17階
交通:小田急小田原線「町田」駅徒歩5分 JR横浜線「町田」駅徒歩9分
所在地:東京都町田市原町田5丁目
竣工:2018年11月下旬

駐車場:33台(身障者用1台含む)

地図はこちらです↓

画像出典:ザ・パークハウス町田フロント公式HP

画像出典:ザ・パークハウス町田フロント公式HP

ザ・パークハウス町田フロントはおすすめできるマンションです!

物件の全体的なデメリット(妥協点)は1つだけです!

【17階でありながらエレベーターが1台しかない】

ということです。

エレベーター自体は大型のものでグレードは高いのですが、高層階に住む方は通勤時間帯などに待ち時間が発生することは理解した上で購入する必要があります。総戸数に対しての設置台数としては適正ですが、階数を考えると少し残念なポイント。しかしながらこの戸数で2台にすれば維持費の負担が重くなりますから致し方ないところではあります。

上記以外は「素晴らしいマンション!!」と自信をもって推奨できます。

まずは立地です。小田急線の町田駅から【信号なし】【フラットな道のり】【踏切を渡らない】【大通りを渡らない】好条件で徒歩5分となります。町田駅最寄りの数ある分譲マンションの中でも上記条件を満たす物件は少なく、かつ便利な原町田5丁目となれば同エリアを知る人からすれば羨ましく思ってしまう立地条件となります。町田街道を渡る、渡らない、たったそれだけのことで価値が大きく変わります。その証拠に原町田5丁目アドレス、2015年竣工のプラウド町田マークスは坪単価250万円程度ありながらも順調に販売が進みました。

小学校は人気の町田第一小学校が通学区、同校の前には市役所跡地の町田シバヒロ(広場)がありイベント開催など地域コミュニティの活性化にも利用されています。芹ヶ谷公園も徒歩3分の距離ですから子育て環境としても文句がありません。日常の買い物も町田駅徒歩5分という距離ですから困るはずもなく、言うまでもありませんが買い物至便です。

それだけではありません。建物にしっかりとコストをかけています。ほぼ正方形の建物の真ん中に吹き抜けを設けることにより角住戸率が約80%、ディスポーザー、食洗機、床暖房、ミストサウナ、浴室ダウンライト、トイレ手洗いカウンター、二重床、二重天井、駐車場出入り口にはチェーンゲート、駐輪場出入り口にもオートロックを・・・・さらには隣戸との境は隔て板ではなく【完全コンクリート】としてプライバシーにも配慮しています。さらに!さらに!Aタイプ、Bタイプに関しては隣り合う住戸がありません。お部屋の4面すべてが隣戸と接していないというのは本当に珍しいことなんです!

画像出典:ザ・パークハウス町田フロント公式HP

画像出典:ザ・パークハウス町田フロント公式HP

私は過去に同マンションのAタイプ、Bタイプと同じく4面すべてが独立している3面採光のお部屋を購入したことがあるのですが隣戸の気配を感じることもなく満足度が高かったという経験をしています。売却するときもそこをウリにしたところサクッと売却することができましたから希少性があることはこの身をもって体感済みです。

予定価格と間取りの一部を共有いたします!

Aタイプ 56.46㎡ 北東向き

画像出典:ザ・パークハウス町田フロント公式HP

画像出典:ザ・パークハウス町田フロント公式HP

4階 3900万円台 坪単価228万円
9階 4500万円台 坪単価263万円

Eタイプ 70.82㎡ 北西向き

画像出典:ザ・パークハウス町田フロント公式HP

画像出典:ザ・パークハウス町田フロント公式HP

2階 5500万円台 坪単価256万円
8階 5900万円台 坪単価274万円

ざっくりとですが平均坪単価にすると270万円程度かと思われます。

管理費などはまったく出ていませんでしたが総戸数からみると管理費・修繕積立金合わせて70㎡で月額25000円程度ではないでしょうか。

※価格はモデルルーム見学時点での予定価格をメモしたものです
※最新情報はモデルルームでご確認ください

周辺相場を確認しましょう!

ライオンズ町田クロスデュオ 2009年築 小田急線「町田」駅徒歩6分 坪単価180万円程度
ザ・パークハウス町田中町 2012年築 小田急線「町田」駅徒歩10分 坪単価200万円程度
アトラスタワー町田 2016年築 小田急線「町田」駅徒歩8分 坪単価270万円程度

ライオンズ町田クロスデュオがザ・パークハウス町田フロントから成田街道を渡ったところに位置していますからライオンズ町田クロスデュオよりかは高値で動くことはほぼ間違いありません。

あくまで今の相場観ではありますが将来価値を予想すると

56.46㎡ 4階 3900万円台(新築時) → 3000万円台~3400万円台(築10年時)

となります。

フルローンで組んだ場合の10年後の残債が2900万円程度ですから大きな残債割れの心配はないでしょう。それでいて満足度が高いとなればおすすめするほかありません。

横浜線寄りではありますがペデストリアンデッキ直結のアトラスタワー町田は新築時に4100万円台だったお部屋が4700万円台で動いています。それだけ町田エリアに注目が集まっているわけです。

もともと町田に住まう方は町田ラブな方が多く、駅近好立地となれば地元需要が十分あるエリアなのですが、町田を知らない人からも選ばれる街となっています。それは2018年3月予定の小田急線ダイヤ改正も影響しています。この件に関しては別記事で特集する予定ですから今回は簡単に説明しますが、複々線工事が完了すると町田駅から新宿駅までは10分程度短縮(ラッシュ時)される予定となっています。それだけではなく複々線化される区間の本数が増えますから混雑率が大きく改善されます。

【総評】

最初にお話した妥協点を除けば文句の付けどころが見つかりません。町田駅徒歩5分としては囲まれ感もありませんしとにかく建物、間取り、ランドスケープとしっかりと設計されている点がマニア心をくすぐります。例えばごみ置き場の位置ですが、エントランスからエレベーターホール、1階住戸へ向かう途中には設置せずにさらにその奥に配置しています。つまりはごみ置き場に行くとき以外はごみ置き場の前を通る必要がない設計になっています。

ランドスケープはもちろんですが建物デザインにも力が入っています。文字では説明しきれないのですがエレベーターホールを外側から見たときのかっこよさ・・・まだ模型、完成予想図段階ではありますがシビれますね。「これぞ分譲マンション!!」と拍手を送りたい。ぜひともモデルルームで模型を、図面集を貰ってランドスケープ、間取りを見ていただきたいです。

画像出典:ザ・パークハウス町田フロント公式HP

画像出典:ザ・パークハウス町田フロント公式HP

あとはバルコニーのガラスもただ透明なだけではなく外からは見えにくいものを採用していたりと随所にこだわりがあります。建築費が高騰している中で建物やデザインにコストをかけるのはものすごく勇気がいることです。そんな中で同マンションやプレミスト府中のように建物やデザインにこだわるマンションを見ると感動しますね。しつこいようですが「これぞ分譲マンション!!」です。ツウな人ほど同マンションの魅力がわかってくれるはずです!

2017年は小田急線沿線が狙い目!!複々線化完成前に購入しましょう!

更新記事→ザ・パークハウス町田フロント 第一期販売開始 小田急線沿線でおすすめの新築マンションです!

ザ・パークハウス町田フロントの物件詳細はコチラ


2 件のコメント

  • いつも楽しく読ませていただいております。
    大変勉強にもなっております。
    小田急の複々線化は当方や
    小田急沿線在住の友人の間でも大変盛り上がっております。
    特集記事やマンションの価格に与える影響など
    マンションマニア様の見解なども交えて
    ぜひともお聞かせいただけたらと思います。

    どうぞよろしくお願いいたします。

    • りゅんぽん様

      コメントいただきありがとうございます!

      特集記事については寄稿先に提出しているため掲載され次第こちらの記事にもリンクいたしますので今しばらくお待ちください!

      小田急線の歴史が変わる日が少しづづ近づいていますね。資産価値に対する影響はもちろん、何より便利になりますから他へ引っ越そうと思う方が少なくなりそうですね。町田では住友さんの高層マンションもできそうですからさらに価格が高騰しそうです。小田急線沿線でも町田駅のポテンシャルは高いと評価しています!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です