今回ご紹介するのは(仮称)クリオ新横浜です!

[建築概要]

所在地:神奈川県横浜市港北区新横浜3
主要用途:共同住宅
階数:11階建て

延床面積:4586.36㎡
建築面積:495.08㎡
敷地面積:583.24㎡

総戸数:50戸
高さ:30.99m

建築主:明和地所
設計者:いしばし設計
施工者:未定

駐車場:10台

着工:2021年1月4日
完成:2022年7月14日

地図はこちらです↓

画像出典:グーグルマップ

いや~新横浜で久しぶりに武者震いする立地で分譲マンションが建設されますね~!!

テンション高めでございます(笑)

建設地は横浜アリーナのすぐ裏、レストランHANZOYA(ハンゾウヤ)跡地、新横浜駅までは徒歩8分ほどです。

高圧電線はやや気になりますが周辺は電線が地中化されていますし、緑道横の角地ですからエリア内でも条件は良いですね。

新横浜駅最寄りのマンションとしては供給数多めですが今回建設される新横浜三丁目は近年の供給が少なく、他アドレスの新横浜物件よりも高値で動ているエリアです。

前回ご紹介したノブレス新横浜エスアリーナもけして立地が悪いということはないのですが横浜線の線路を超える必要がありますし(新横浜物件の多くがこれ)、どうしてもシングル・ディンクス向けの立地となってしまいます。

新横浜三丁目に関しては横浜線の線路を超える必要もないですし、学区も大豆戸(まめど)小学校となりますから子育て世代のウケも良いことでしょう。建設地から大豆戸小学校までは400mほどという距離感ですから「新横浜住みたいけど学校までの距離が・・・」というよくある悩みも無関係です。中学校は篠原中学校かと思いますのでそちらは近いという距離ではないですが中学校であれば距離も妥協しやいですよね。

買い物利便性に関しても通り道にプリンスペペがありとても便利です。しかも、プリンスペペから新横浜歩道橋で横浜アリーナまで繋がっていますから建設地と駅間は整備された広い歩道&デッキ経由となり、徒歩8分ほどでありながらも信号なしとなります。

周辺相場を確認しましょう!

・新横浜シティハイツ壱番館 1995年築 新横浜3 新築時の坪単価約205万円 現在の坪単価約135万円

・ダイアパレスベラーク新横浜 1997年築 新横浜3 新築時の坪単価約220万円 現在の坪単価約145万円

・クレッセント新横浜 1998年築 新横浜3 新築時の坪単価約180万円 現在の坪単価約185万円

・エクステ新横浜 1999年築 新横浜3 新築時の坪単価約180万円 現在の坪単価約140万円

・リシェ新横浜 2000年築 新横浜3 新築時の坪単価約175万円 現在の坪単価約190万円

・リシェ新横浜アネックス 2002年築 新横浜3 新築時の坪単価約180万円 現在の坪単価約195万円

・D´クラディア新横浜プラチナソリッド 2007年築 新横浜3 新築時の坪単価約185万円 現在の坪単価約220万円

・シーズガーデン新横浜パークアベニュー 2012年築 新横浜3 新築時の坪単価約185万円 現在の坪単価約215万円

久しぶりの供給ですから坪単価300万円もありえなくはないですが周辺住民さんの願いとしては坪単価280万円(70㎡6000万円以内)ではないでしょうか。いずれにしても中古市場では5000万円に壁がある(ファミリータイプ)エリアですから新築といえど総額6000万円以下を主なラインナップにしなければ動かず、専有面積で調整してくるかもしれないですね。

販売開始の頃には新横浜線の開通も近づいてきますから強気勝負になっても不思議ではないですね。

何度かお伝えしていることではございますが再度新横浜線について共有いたします。

新横浜線は2019年に開業した羽沢横浜国大駅から新横浜を経由して日吉までを結ぶ新設の鉄道路線となります。相鉄線とJR線の直通よりも効果は圧倒的に強いものとなります。

画像出典:相模鉄道公式HP

今時点で新横浜駅から東急線経由で都心方面へ行く場合には横浜線に乗車して菊名で東横線に乗り換える必要があります。それが新線開通により乗り換えなしでダイレクトアクセスが可能となります。

東横線、目黒線への直通本数の割合は公表されていませんが朝ラッシュ時間帯は1時間に10~14本、それ以外の時間帯は1時間に4~6本の列車が設定される見込みですから日常使いできる運行本数となります。

新横浜駅は東海道線新幹線ののぞみも停車する駅ですから人の流れも大きく変わります。現在品川駅から東海道新幹線に乗り換えている人で新横浜駅から乗り換えたほうが楽になるという方も多いでしょう。

例えば東武東上線や西武池袋線沿いから東海道新幹線に乗車する場合、現在は池袋駅で山手線に乗り換えて品川駅もしくは地下鉄を乗り継ぎ東京駅へ向かうことがほとんどでしょう。しかし、新横浜線が開通すれば新横浜駅までダイレクトアクセス(もしくは日吉駅等で容易な乗り換え)できます。目黒線への直通が主だとしても(基本的には現在日吉止まりの目黒線への直通が主となるでしょう)三田線や南北線沿いから新横浜駅へダイレクトアクセスが可能となります。

東横線と目黒線は多方面へ直通していますからその影響はかなり大きいことでしょう。新横浜駅は二面三線となるため折り返し(始発)設定もありそうなのがより期待できるポイントですね。

東京駅や品川駅で新幹線に乗り換えようとすると歩く人も多くけっこう大変なのですよね。(品川駅はまだしも東京駅はめちゃ混み)

新横浜駅からであれば駅の混雑は避けられますから指定席の方からすれば魅力が大きいでしょう。

もちろん運賃次第ではありますね。西谷から新横浜までは相鉄新横浜線、新横浜から日吉までは東急新横浜線となります。乗り継ぎ割引等がなければ割高になってしまう可能性大です。

相鉄・東急新横浜線の開業時期2022年度後半を予定しています。

鉄道新線の開通は不動産価値への影響も大きいでしょう。新横浜駅周辺の不動産価値が爆上がりするかは別として、少なくともプラス材料であることはたしかです。

この新線の恩恵を受けられる日吉や武蔵小杉も熱いですね。高値市況の中で購入となれば不安かとは思いますが今時点にない価値が数年後にあるというのは大きな魅力でしょう。(日吉は始発が少なくなりそうですが。。。)

2020年3月22日に横浜北西線が開通して車移動もより便利になりました。

建設予定地 解体中

こちらの動画も合わせてご覧ください!

チャンネル登録もよろしくお願いいたします!!

関連記事

ノブレス新横浜エスアリーナ 価格と間取り モデルルーム訪問

横浜市港北区の新築マンション検索・資料請求はコチラ

~2020年6月11日追記~

公式HPオープンしました!

[物件概要]

売主:明和地所
設計:いしばし設計
施工:未定
価格:未定
専有面積:54.78㎡~80.06㎡
総戸数:50戸
規模:11階建て
交通:ブルーライン「新横浜」駅徒歩7分 JR東海道新幹線・横浜線「新横浜」駅徒歩10分
所在地:神奈川県横浜市港北区新横浜3丁目
竣工:2022年7月下旬

駐車場:10台設置(平置式2台、機械式8台)
バイク置場:2台
自転車置場:80台


新築マンションの資料請求はこちらから!

マンションカウンター 海浜幕張店 池袋店 日本橋店 豊洲店 月島店 大阪店

マンションマニアにメールで相談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です