今回ご紹介するのはザ・パークハウス立川テラスです!

[物件概要]

売主:三菱地所レジデンス
施工:川口土木建築工業
価格:4668万円~6748万円
専有面積:58.92㎡~80.20㎡(トランクルーム面積0.46㎡・0.55㎡を含む)
総戸数:42戸
規模:15階建て
交通:JR中央線「立川」駅徒歩9分 JR南武線「西国立」駅徒歩7分 多摩モノレール「立川南」駅徒歩10分
所在地:東京都立川市錦町1丁目
竣工予定:2018年10月上旬

駐車場:5台(平置駐車場4台、身障者用平置き駐車場1台) 、他に宅配レンタカー用駐車スペース2台 使用料:23500円~24500円(月額)
/バイク置場:4台 使用料:3000円(月額)
自転車置場:65台 使用料:200円~800円(月額)

管理費:16150円~21980円(月額)
修繕積立金:6780円~9230円(月額)

地図はこちらです↓

画像出典:ザ・パークハウス立川テラス公式HP

以前公式HPオープン前に記事にした同マンション、再度記事化いたします!

人気施設である立川まんがぱーくまで数秒という距離感、そして立川駅徒歩10分圏内ということで魅力ある立地なのですが価格はそこそこします。坪単価としてはざっくり270万円、70㎡でぎりぎり6000万円を切る価格帯です。

ただ地所レジさんのすごいところは市況的に価格は高いけどもコストカットはできる限りしないという姿勢。わかりやすい部分で言えばディスポーザーです。総戸数42戸でありながらも設置してくる点はさすがとしか言いようがありません。もちろんこの戸数で設置することで管理費はお高めになってしまいますが立川エリアで坪単価270万円となれば高級マンションの部類に入りますからディスポーザーが付いていることはプラス材料でしょう。

画像出典:ザ・パークハウス立川テラス公式HP

1フロア3戸、全戸南西向き、低層階を除けば眺望も抜けてきます。

価格と間取りの一部を共有いたします!

Aタイプ 2LDK 58.92㎡

画像出典:ザ・パークハウス立川テラス公式HP

8階 4808万円 坪単価269万円

Bタイプ 3LDK 70.83㎡

画像出典:ザ・パークハウス立川テラス公式HP

8階 5828万円 坪単価272万円

Cタイプ 3LDK 80.20㎡

画像出典:ザ・パークハウス立川テラス公式HP

9階 6538万円 坪単価269万円

唯一の中住戸、2LDKの単価がちょいと不思議ですね。駅近やディンクスに好まれる立地であれば狭い部屋に価格を盛ることが当たり前になってはいるのですがここはファミリー層に好まれる立地なわけで同じ坪単価ならアドバイスする側としてはBタイプ、Cタイプがおすすめとなります。

Aタイプの単価をお安くすればBタイプ、Cタイプに価格を振らなければならず、そうなると70㎡で6000万円を超えてしまいますから致し方ない判断だったのでしょう。

周辺相場を確認しましょう!

・ライオンズ立川グランフォート 2014年築 立川駅徒歩8分 新築時の坪単価約210万円 現在の坪単価約225万円

・プレシス立川リベルタ 2014年築 立川駅徒歩9分 新築時の坪単価約165万円 現在の坪単価約180万円

・レーベン立川アンベリール 2015年築 立川駅徒歩9分 新築時の坪単価約220万円 直近事例なし

上記相場からザ・パークハウス立川テラスの将来価値を予想すると

Bタイプ 70.83㎡ 8階 5828万円(新築時) → 5400万円(築5年時)

となります。

あくまで今の相場での予想のため参考までにお願いいたします。

駐車場は5台しかありませんが機械式ではなく平置きのみとなっていますから車を持たない人も多額の維持費を支払うことになる可能性がなく安心ですね。宅配レンタカー用の駐車場を別途2台用意しています。

【住むレーション】

[中央線]

立川 8:09発
新宿 8:42着
東京 8:57着

[多摩都市モノレール]

立川南 8:01発
多摩センター 8:24着

[南武線]

西国立 8:00発
武蔵小杉 8:43着
川崎 8:57着

【総評】

繰り返しにはなりますが高値市況であっても設備や間取り、外観などの手を抜かない姿勢は地所レジさんさすがとしか言えないですね。手を抜かない分価格を抑えることができていないのは事実ですが

「高値市況だからコストカットして価格抑えよう」

というマンションより

「高値市況だからこそ良いものを供給しよう」

というマンションのほうがおすすめしやすいです。

前者ならグレードの高い築浅中古マンションを買えばいいわけですし。(同じエリアに築浅マンションがあれば)

先ほどご紹介したディスポーザー以外では間取りがわかりやすいです。例えばCタイプ、80㎡を超えていますから4LDKにして表記的に販売しやすくすることもできたと思うのですがゆとりのある3LDKとしています。お風呂も1618サイズ・・・。売りやすさよりも満足度を高めようとする心意気・・・これはぜひ評価していただきたいポイントです。

地所レジさんはパークハウス時代の流れが活きているのかお堅いんですよね。この市況化においてもとにかく物がいい。それがなかなか評価されていないエリアもあってそこは悔しいところですが高値市況だからこそ価格だけでなく「物」もしっかり見ていただけたらと思います。

エントランスから専有部までの導線、エントランスホールの高級感、全体的に手を抜かない姿勢は素晴らしい。とくに地所レジさんは小規模物件も得意としており、ザ・パークハウス立川テラスも全体的に物が良いですからおすすめしやすいマンションです。

ただし、あと6分駅から離れれば坪単価200万円以下で新築マンションが購入できることもありますし、相場から見ても手が出しにくい価格帯であることはたしかでしょう。立地も物もいいのでもっと動いても良い印象なのですが。。。

ザ・パークハウス立川テラスの他にもザ・パークハウス立川、ヴィークコート立川、パークホームズ立川錦町と供給中の新築マンションが多いですから比較検討されることをおすすめいたします。

関連記事

パークホームズ立川錦町 価格と間取り 平均坪単価200万円を切る価格

ザ・パークハウス立川錦町&立川曙町(予想)とライオンズ立川錦町レジデンス

ザ・パークハウス立川テラスの物件詳細はコチラ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です