今回ご紹介するのはプレイズ春日部です!

[物件概要]

売主:三交不動産
施工:長谷工コーポレーション
価格:未定
専有面積:61.74㎡~81.39㎡
総戸数:84戸
規模:15階建て
交通:東武スカイツリーライン・東武アーバンパークライン「春日部」駅徒歩8分
所在地:埼玉県春日部市粕壁東2
竣工予定:平成31年2月下旬

駐車場:平置式26台(小型車用4台含む)
自転車置場:168台

地図はこちらです↓

画像出典:プレイズ春日部公式HP

再開発の計画がある春日部エリアに新築マンションが建設中です!

【タクミノイエ】もとい【ヒカリノイエ】がキャッチコピーとなっています。

春日部駅東口から徒歩8分、フラットな道のりですから苦ではないでしょう。今現在は改札口もホームも地上部にありますから都内方面へ向かう場合はマンションのエントランスを出てしまえば階段などを上り下りせずに電車に乗ることができます。

ただし東口と西口の行き来がしにくいことが難点となっている春日部駅周辺、商業施設が充実しているのは物件とは反対側の西口です。買い物利便性という面では優れているとは言い難い立地条件です。とはいえ現地付近には図書館、文化会館があり背中側には大落古利根川が流れていますから落ち着いた環境に住まいを構えたい方にはもってこいでしょう。現地付近はとても静かでした。

キャッチコピーにヒカリノイエとあるように全戸南方向にバルコニー面を設けられますから日当たりは良いでしょう。ただ下記写真にも写っていますが南方向にマンションがあるため一部住戸は被ってきそうです。

先に述べたように今現在は鉄道が地上を走り駅構内の改札外に東西の自由通路などもないため東口と西口が分断されてしまっている状況です。それを解消して街力を高めようと駅前再開発、駅高架化の計画があります。

再開発計画についてはプレイズ春日部とは逆側の西口駅前となります。

画像出典:春日部市

計画としては高さ100m、27階建ての複合ビルを建設して、商業、業務、共同住宅、公益施設、駐車場などを設けます。6階までは商業施設で7階以上が総戸数400戸の共同住宅となる予定です。メインの商業施設はイトーヨーカドーになるようですから隣にある既存店が移転ということになりそうです。

総事業費は500億円、事業協力者はフジタが撤退したことにより長谷工コーポレーションと中央住宅に変更となりました。

「ルピアタワー春日部」でしょうか?!

春日部市最高層の建物はベリスタタワー春日部で約90mですから今回の再開発が実現すれば春日部市最高層となります。ただ郊外エリアの再開発は建築費高騰の影響もあり思うようにいかないところを多く見ていますからどうなるか。せっかくなら東武鉄道もこの再開発に参加してくれるといいのですが。

現在の予定では2020年度着工、2023年度完成となっています。

このまま話が進むことを願います!!

周辺の分譲マンション相場を確認しましょう!

・ダイアパレス春日部駅前通 2006年築 春日部駅徒歩3分 新築時の坪単価約140万円 現在の坪単価約120万円

・エンゼル春日部エスマークス 2006年築 春日部駅徒歩5分 新築時の坪単価約130万円 現在の坪単価約100万円

ベリスタタワー春日部 2009年築 春日部駅徒歩6分 新築時の坪単価約155万円 現在の坪単価約120万円

・エルガ春日部駅前 2009年築 春日部駅徒歩3分 新築時の坪単価約150万円 現在の坪単価約145万円

・アーリアレジデンス春日部 2015年築 春日部駅徒歩4分 新築時の坪単価約170万円 直近事例なし

上記相場からプレイズ春日部の販売価格を予想すると坪単価170万円となります。

坪単価170万円=70㎡ 約3600万円

隣に西武デパート(現在は匠大塚)があった頃と違い今現在目に見える部分としてはこれといったウリがない状況ですから坪単価170万円が売れる価格の限界値と考えます。もちろん事業ですからその限界を超すのは売主の自由ですが坪単価200万円に近づくとさすがに動かないでしょう。

再開発や駅の高架化が計画されている「夢」はあるものの工事が開始されているわけでもありませんからまだ開発分の魅力は価格に折り込めないはずです。

【住むレーション】

[スカイツリーライン]

春日部 8:00発
浅草 8:54着

[スカイツリーライン→半蔵門線直通]

春日部 8:02発
大手町 9:11着
渋谷 9:29着

[スカイツリーライン→日比谷線直通]

春日部 8:11発
秋葉原 9:13着
六本木 9:39着

[アーバンパークライン]

春日部 8:00発
大宮 8:23着

春日部 8:02着
流山おおたかの森 8:37着
柏 8:43着

スカイツリーラインの特急も多く停車、2017年4月より運行開始されたアーバンパークラインの特急「アーバンパークライナー」も停車するなど東武線の駅の中でも交通利便性の高い駅となっています。

将来的には駅の高架化により4面8線にする構想が・・・もし4面8線が実現したらアーバンパークラインからスカイツリーラインに直通していく電車も大幅に増えることでしょう。先ほどご紹介した駅前再開発と同じく今すぐにできるものではありませんが実現したら春日部駅のポテンシャルが高まること間違いなしでしょう。

画像出典:春日部市

プレイズ春日部の設備仕様でわかっている点としては良水工房があるということだけです。共用施設はエントランスラウンジ、ブックラウンジがあるようです。

もしかしたらあまり設備仕様には力を入れずに価格を抑えてくるかもしれません。それを考えると大袋駅前で供給中のリストレジデンス越谷大袋は坪単価約160万円でディスポーザー、食洗機、複層ガラス、良水工房などなど駅前マンションで価格が抑え目ながらも設備仕様が高いですから検討の価値があると思います。

もちろん駅力では圧倒的に春日部駅のほうが上ですし、そもそも春日部市と越谷市と行政も違いますから春日部市で新築マンションを探している方にとっては旧西武の隣地という歴史ある場所に住めるとなれば魅力的に感じるのではないでしょうか。

さて、プレイズ春日部のモデルルームは匠大塚&大塚家具とのコラボなんていかがでしょうか?!(奇跡のコラボ!!)さすがにそれは無理でも匠大塚とのコラボはぜひ!いや、ここはあえての大塚家具で?!久美子さん!!

モデルルーム見学後は匠大塚の旗艦店「春日部本店」と大塚家具の「春日部ショールーム」を訪問するなんてのもいいですね!!

関連記事

リストレジデンス越谷大袋 立地も良くグレードも高いのに坪単価157万円

プレイズ春日部の物件詳細はコチラ

~2018年3月11日追記~

先着順販売概要

販売戸数:7戸
販売価格:2898万円~4068万円
専有面積:61.74㎡~81.39㎡
間取り:2LDK~4LDK

管理費〔月額〕10500円~13800円
修繕積立金〔月額〕5250円~6920円

駐車場:平置式26台(小型専用4台含む、月額:8000円~9000円)
自転車置場:168台(2段ラック式122台、前輪ラック式46台、月額:100円~300円)
インターネット利用料〔月額〕864円


2 件のコメント

  • 春日部にタワーマンションなんか、建ててもらいたくない
    武里団地だって放置されている状態なのに、一体どういうつもりなんですか?

    無理がある。駄目だ納得できない

    • 通りすがり様

      マンションマニアです!コメントいただきありがとうございます!

      どのようなタワーマンションになるかも重要ですね。

      春日部市外からの重要があるタワーマンションであれば街に新たな風が吹きますし、市内需要であればよりコンパクトシティ化を目指すことになるパターンが多いです。

      人口が増えないことには自治体もすべての地域を助けることは難しく、コンパクトシティ化に舵をきるほうが街のためになることもあると思います。

      そこまで春日部市に愛がある通りすがり様だからこその意見を関係自治体にぶつけてみてはいかがでしょうか。

      引き続きよろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です