~正直なところ個人で競売に参加するのは怖いですし、そもそもリスクが伴います。そのため読者様には積極的におすすめすることはできません。今回の記事は参考程度にしていただき、どうしても参加してみたい方はその旨ご連絡いただければアドバイスは可能です。~

マンションマニア、人生初の不動産競売にチャレンジしてみました!

今現在も買い替えを検討しており新居を探しているわけですが新築マンションの価格が高騰しており買い替え派の私にとってはとても辛い市況です。とはいえ建築費が落ち着くまで待っている気にもならないため新築マンションだけでなく中古マンションでも探しているのですが競売物件に欲しいマンションが出たのです!!

競売物件の検索はこちらのサイトが便利です↓

不動産競売物件情報サイト「BIT」

検索して気になる物件があれば詳細なことが記載されている3点セットをダウンロードしてみてください。けっこう衝撃的な内容が出てきます。新築マンションを買おうとしている方が見たら夢を壊してしまうかもしれません。ただ、他人事だと思わずにしっかりと資金シミュレーションをしてから購入することをおすすめします。

そもそもなぜ競売になってしまうのか?

私が入札した物件でお話しすると、

新築時の価格 3300万円台
築6年時(現在)の相場価格 2300万円~2600万円

フルローンで購入していた場合の残債 2800万円

つまりは売却するために最低でも残債割れの200万円+仲介手数料100万円の合計300万円が必要になります。しかし、何らかの状況で支払いが困難になってしまった方が300万円も貯金があるでしょうか?

仮に購入時に頭金を1割以上入れていれば売却すれば残債を消せた可能性が高く、競売にはならなかったはずです。今は新築マンションの価格が高騰していますからフルローンでは築5年時、築10年時などに残債割れしている可能性が高い物件ばかりです。頭金をしっかりと入れるか、貯金をしっかりと残したうえで購入されることをおすすめします。

※住んでから万が一支払いが厳しくなってしまった場合はすぐにローン借入先に相談することをおすすめします
※2馬力MAXでの購入だとリスクも2倍になります。逆に2馬力で1馬力分の借り入れに抑えておくとリスクが半減します

今回入札するにあたり知り合いの不動産会社の営業さんに相談をしました。その際にアドバイスを受けたことは「物件への執着心、情は捨てなさい」ということです。お得な価格で入札できる可能は極めて低く、執着しても仕方がないということと、人の不幸からお金を得るわけでそこに情を入れてしまっては落とした後もせつない気持ちになってしまうとのこと。たしかにそうですよね。一般の中古マンションでもお得に買いたい場合は離婚物件を狙えなんてのは鉄板ですし、それでも少しせつなくなるのに競売となれば・・・。新築マンションを買うという夢に溢れた世界とは程遠いです。

とはいえ自分自身の経験にもなりますし思い切ってチャレンジすることにしました!

まずは裁判所指定の口座に銀行窓口から補償金ウン百万円を振り込みます。その後裁判所に出向いて振込証明書(貼り付け)、入札書(裁判所でもらえます)、住民票を提出して希望物件に入札します。(郵送でもできますが初めてのため出向いてみました)

こちらとしては大金の絡んだことですからドキドキものですが裁判所ではあっさりとした対応をされます(笑)

そして約1週間後の開札にも出向いてみました。ネットでも落札金額、入札者数、個人か法人かは公表されるのですが、開札に立ち会うと1番手だけでなく次順位の入札金額と落札者名もわかります。

ドキドキして聞いていると・・・残念!!

入札者数は約20組、1番手の方と私が入札した金額の差は約200万円ありましたから惜しいということもありませんでした。落札したのは業者さんでしたがどう考えても利益が100万円、どんなに頑張っても200万円しかでない金額での落札でしたから業者さんの利益がいかに薄いか、また競売市場も激戦であることがわかりますね。再販業者にとっても冬の時代なのでしょう。

事前に振り込んでおいた保証金は2日後に戻ってきました。

今回入札にかかった費用は住民票・振込手数料・交通費の合計2千円程度となりました。

一度入札すると手順がわかるため二回目への腰が軽くなります。また良い物件があればチャレンジしてみたいと思います!!

繰り返しになりますが読者様に不動産競売への参入を促す記事ではありません。私自身も落札後に対応してくれる信頼できる知り合いがいたからこそのチャレンジでした。

競売参加の手続きと注意点とは?


マンションマニアの住まいカウンター 海浜幕張店

マンションマニアにメールで相談

3 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です