1棟目のクロスタワー&レジデンスの第一期が200戸供給と順調な滑り出しを見せた幕張ベイパーク。いよいよ2棟目の建築概要が固まってきました!

着工が2018年1月15日、完成が2021年4月30日を予定、地上48階建てで高さ172.40mと超高層タワーマンションとなります。

今現在千葉市で一番背が高いマンションが千葉セントラルタワーで43階建ての高さ151.5m、千葉県内で一番背が高いマンションが市川駅前のザ・タワーズウエストで45階建ての高さ160mです。津田沼で建設中の津田沼ザ・タワーは44階建て、ペントハウス部分を含めて高さ160m台ですから幕張ベイパークの2棟目は

【千葉県最高層のタワーマンション】

となります。

マンション以外を含めても49階建てで高さ180.82mのアパホテル&リゾート東京ベイ幕張に次いで2番目となります。

幕張ベイパーク2棟目の総戸数は826戸と1棟目よりも300戸以上多くなっています。1棟目の検討者の方から「2棟目を待つべきでしょうか?」という質問をよくいただきますが1棟目より価格が抑えられる可能性はほぼありませんから「1棟目より高いお金を払ってでもよりランドマーク性の高いマンションに住みたいのであれば待つのもありかと思います。」とご回答しています。

立地条件としては1棟目も2棟目も大きくは変わりませんからランドマーク性に余程こだわらない限りは1棟目が購入できるタイミングなのであれば待つことはあまりおすすめいたしません。

地図はこちらです↓

建築看板を共有いたします。

着工日に関しては予定ではありますが大きなずれはないはずです。

その理由としてすでに2棟目の敷地内に入るメディカルモールセンターがテナントの募集を開始しているからです。

画像出典:千葉市

1棟目敷地内には野村不動産の高齢者住宅とコンビニ、幕張ベイパークの商業エリアにはスーパーマーケットが確定していますが2棟目に関しては医療モールで確定とみて間違いなさそうです。

画像出典:千葉市

私自身医療施設隣接のマンションを購入して住んだことがあるのですがまぁ便利でした。元気でいることが一番ではあるのですがたまには体調を崩しますし、そんなときに医療施設、さらにはスーパーやコンビニもすぐ近くにあるととても便利なんですよね。

また新たな情報がわかりましたら追記もしくは新規記事にて情報共有いたします!

幕張ベイパークの開発状況について情報をお持ちの方は共有いただけますと幸いです。

画像出典:千葉市

(仮称)幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンスの物件詳細はコチラ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です