今回ご紹介するのはメイツ相模原ル・オージュです!

[物件概要]

売主:名鉄不動産
施工:長谷工コーポレーション
価格:2698万円~4278万円
専有面積:65.24㎡~74.80㎡
総戸数:127戸
規模:13階建て

交通:JR横浜線「相模原」駅徒歩6分 小田急小田原線「相模大野」駅バス約21分「さがみ夢大通り」バス停下車徒歩2分、京王相模原線「橋本」駅バス約12分「相模原駅南口」バス停下車徒歩6分  

所在地:神奈川県相模原市中央区相模原3丁目
竣工:平成29年1月6日

駐車場:51台(機械式駐車場38台、平置駐車場13台<内 身障者用1台>)(月額:11000円~15500円)
バイク置場:3台(月額:1500円)
ミニバイク置場:5台(月額:1000円)
自転車置場:254台(スライドラック式41台、平置き式15台、2段式、198台)(月額:100円~300円)

管理費(月額)11300円~12900円
修繕積立費(月額)5880円~6740円

地図はこちらです↓

画像出典:メイツ相模原 ル・オージュ公式HP

「神奈川県で今後値上がり期待のあるエリアはありますか?」

と聞かれた際にいくつかの街を挙げますがその中の一つが橋本です。徐々に話題にはなっていますがリニア開通が約10年後を予定しており、単純計算ですが品川駅約10分、名古屋駅まで約30分でアクセスできることになるでしょう。もちろん運行形態はまだ決まっておらず、品川から名古屋をノンストップで結ぶ速達種別ばかりとなれば橋本駅は1時間あたり1本ほどになってしまいますし、新横浜駅のような扱いになれば1時間あたり5本ほどになる可能性もあります。

リニアが大阪まで繋がるのは20年以上先のことになりそうですし、今はマンション高値市況ですから今時点の価格より上がるというのは難しいかもしれませんが少なくとも価格維持率が高くなることは間違いないエリアです。

画像出典:相模原市

そして今回ご紹介するのは橋本駅から横浜線で一駅の相模原駅となります。

橋本駅に隣接している駅という強みはもちろん、相模総合補給廠の一部返還と共同使用により相模原駅北口の開発も進んでいく計画もあります。

画像出典:相模原市

商業施設やスポーツパークの建設が計画されておりすでに街が出来上がっている南口に対して北口は白紙からの開発ができるということで将来が楽しみな街となります。

上記以外にも小田急多摩線の延伸、横浜線の連続立体交差化なども計画されています。

画像出典:相模原市

そして今回さらなるおすすめポイントとしてメイツ相模原ル・オージュが「ラッキーチャンス」に突入しているということです。青田売り時代に購入した方と違い部屋が選べない、メニュープランが選べないなどの理由もありお値引きされています。

例えば4100万円台であったお部屋が3700万円台になるなど約1割ほどお安くなっています。元々の平均坪単価も175万円ほどとけしてお高いわけではありませんでしたが今現在お部屋によっては坪単価130万円台で購入可能です。

もちろん価格がお求めやすいというだけでなくディスポーザー、複層ガラスなどを完備、総戸数127戸という丁度良い規模感ということもあり管理費も抑えられています。

ただし敷地内駐車場に空きはありません。駅近マンションのため周辺の月極駐車場も月額1万円を超えてきますから車所有者にとってはデメリットとなります。もちろんマンションの管理運営としては駐車場が満車なことはメリットとなります。

相模原駅からメインストリートの夢大通りを歩いて徒歩6分、それでいて建物自体は一歩中へ入った住宅街に位置しているためバルコニー面は静かな環境となっています。何より完成済みですから現物を確認できるという安心感があります。

けして環境、買い物・交通利便性が悪いというわけでもありません。駅前には商業施設が揃い、横浜線を利用して橋本、町田、新横浜、横浜へダイレクトアクセス、1回乗り換えで都心訪問へもアクセスできます。

年度末までに完売したいはずですからこれは素晴らしき買い時と言えるでしょう。

メイツ相模原ル・オージュはダイエー相模原店の駐車場跡地となりますが目の前の敷地はもともとダイエー相模原店の店舗があった場所です。

イオンになるなどいろいろな噂がありましたが最終的には「商業施設&マンション」でまとまったようです。事業者はトーセイ、施工は長谷工コーポレーションで15階建て、総戸数243戸のマンションが2019年12月に竣工する予定です。

店舗と共同住宅ですからスーパーマーケットが入る可能性は大ですね。メイツ相模原ル・オージュの背中側ですから採光、眺望には関係なく、商業施設ができて便利になるわけで上記マンション計画はプラス材料と言えるでしょう。

相模原駅徒歩5分で供給中のプレシス相模原リベールも総戸数102戸と規模感ありますし、駅近くでは新日本建設がマンションの開発を計画しているなど北口の開発に合わせて南口側も盛り上がっていきそうです。

価格と間取りの一部を共有いたします!

Hタイプ 東向き 65.24㎡ 

画像出典:メイツ相模原 ル・オージュ公式HP

2階 2698万円 坪単価136万円

Jタイプ 東向き 73.70㎡

画像出典:メイツ相模原 ル・オージュ公式HP

10階 3758万円 坪単価168万円(旧価格4108万円)

周辺の分譲マンション相場を確認しましょう!

・リーデンススクエア相模原 2006年築 駅徒歩3分 新築時の坪単価約135万円 現在の坪単価約130万円

・ライオンズタワー相模原ステーショングランデ 2009年築 駅徒歩2分 新築時の坪単価約170万円 現在の坪単価約170万円

・アデニウムタワー相模原 2009年築 駅徒歩4分 新築時の坪単価約165万円 現在の坪単価約155万円

・パークホームズ相模原氷川町 2010年築 駅徒歩8分 新築時の坪単価約130万円 現在の坪単価約125万円

・ライオンズ相模原ライズフォート 2014年築 駅徒歩5分 新築時の坪単価約140万円 現在の坪単価約130万円

上記相場からメイツ相模原ル・オージュの将来価値を予想すると

Jタイプ 73.70㎡ 10階 3758万円(新築時) → 2780万円(築10年時)

となります。

あくまで今の相場での予想のため参考までにお願いいたします。

新築マンションではプレシス相模原リベールの平均坪単価が約175万円となっています。

【住むレーション】

[横浜線]

相模原 8:14発
橋本 8:18着

相模原 8:16発
町田 8:27着
新横浜 8:50着
横浜 9:05着

[京王線]

橋本 8:28発(当駅始発)
新宿 9:25着

[小田急線]

町田 8:37発
新宿 9:21着

相模原駅は横浜線の快速停車駅となっています。

2018年3月に予定されている小田急線のダイヤ改正が実施されるとより都心方面へのアクセス力が向上します。

【総評】

10年、20年後が楽しみなエリアですね!

橋本駅周辺はもちろん相模原エリアは先に述べた相模総合補給廠の一部返還と共同使用で北口の開発もありますし、あわよくば小田急多摩線の延伸が確定すれば都心へダイレクトアクセスが可能となります。小田急多摩線は相模総合補給廠を必ず通らなければならず、それにより計画のまま前に進むことはできませんでしたが共同使用が可能となった今、リニア開通に合わせて話が進んでくれたらいいなぁ~と思います。

町田、相模大野などの新築マンション価格が高騰している中で坪単価130万円台から良質な新築マンションが購入できるとなれば狙い目のエリアと言えるでしょう。

もちろん新築にこだわらないのであれば相模原エリアの中古マンション、橋本エリアの中古マンションを合わせて検討されることをおすすめいたします。

~橋本エリアのおすすめマンション~

リビオ橋本タワーブロードビーンズ 2005年築 橋本駅徒歩3分

ザ・ハシモトタワー 2007年築 橋本駅徒歩2分

ミッドオアシスタワーズ 2010年築 橋本駅徒歩11分

プラウド橋本 2010年築 橋本駅徒歩4分

関連記事

オハナ淵野辺ガーデニア 価格と間取り モデルルーム訪問

ザ・パームス相模原パークブライティア 価格と間取り スーパーマーケット直結

相模原駅の新築マンション検索はコチラ


LIFULL HOME’Sのご紹介(スポンサー)

マンションマニアの住まいカウンター 海浜幕張店 日本橋店 大阪店

マンションマニアにメールで相談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です